無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
やはりショパン
こうも寒くなってくると冷え性のSachiは、ゆっくりと夏の疲れを癒したくなる。音楽療法です。

今回ハンガリーで、音大卒の純代さんの前でピアノを弾き、極度の緊張状態に陥ったわけですが、その時に弾いたのが、ショパンの『黒鍵のエチュード』なぜなら、短かく、速く弾くとごまかせるから。
でも、久々のピアノだったし、初めて触るピアノで、指も腕もまともに動かず乳酸たまりまくり。

純代さんはピアノ科にいたのですが、ピアノ科らしからぬコメントを残していました。ぼろぼろの私の演奏に対し、『でもピアノやってた人の演奏だわ』。すごい客観的に言っていました。もともとチェンバロをやりたかったらしい。
そして、やっぱり私はショパンが1番好きで、あとはドビュッシーとかリストが好きですと言うと、またしても客観的に、『ピアノ科とか、ピアニスト人達がその辺好きよね』と。なんて優しいお言葉汗

純代さんは卒業演奏で、偶然にもハンガリーを代表する作曲家のリストの曲を弾いたそうです。
| Sachita | 芸術にふれる | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://elviajedesati.jugem.jp/trackback/77